企業理念

当社の使命

MTMの使命(Mission)は、業務に卓越した、献身的で、権限を与えられた社員が協力していくことで高品質で付加価値の高いサービスをお客様に提供することです
当社は安全でかつ信頼性の高いサービスを継続して提供し、顧客満足度を高めるために、当社の体制、規範や文化を継続的に改善してくことに努めております。

MTMのコア・バリュー

評価

当社は比類のない企業文化と従業員の関連性を強化するために従業員を理解し評価しています

コミュニケーション

当社は公平な意思疎通を促進し、健全な職場文化の構築と従業員満足度と雇用の確保のために従業員のフィードバックを尊重します

チームワーク

当社はチームとしてそしてその共同作業により注力していきます

責任

我々の最上のサービスを提供するとともに、その結果責任は我々にあると信じています

信頼

意思決定と毅然とした意思の疎通による透明性により公平で公正関係を築きます

平等性

当社は首尾一貫し平等な業績基準で人々と接します

評価
コミュニケーション
チームワーク
責任
信頼
平等性

歴史

シンガポールにてMTMグループ創業

シンガポールにてMTMグループ創業

1980

船舶所有とオペレーション事業所を米国に設立

船舶所有とオペレーション事業所を米国に設立

1981

シンガポールにて、船舶管理会社を設立

マンニングおよびトレーニングセンターをヤンゴンに設立

シンガポールにて、船舶管理会社を設立

マンニングおよびトレーニングセンターをヤンゴンに設立

1988

20隻のステンレスケミカルタンカーを総額7億ドルで建造

20隻のステンレスケミカルタンカーを総額7億ドルで建造

1990

MTMグループのFleetは1990年代末までに30隻に拡大

MTMグループのFleetは1990年代末までに30隻に拡大

1999

マンニングおよびトレーニングセンターをムンバイに設立

マンニングおよびトレーニングセンターをムンバイに設立

2007

マンニングおよびトレーニングセンターをマニラに設立

マンニングおよびトレーニングセンターをマニラに設立

2013

ドライバルカーおよびコンテナ船の船舶管理に参入

ドライバルカーおよびコンテナ船の船舶管理に参入

2014

船舶管理事業所をムンバイに設立

マンニングおよびトレーニングセンターをマニラに設立

船舶管理事業所をムンバイに設立

マンニングおよびトレーニングセンターをマニラに設立

2015

船舶管理駐在員事務所をアテネに設立

船舶管理駐在員事務所をアテネに設立

2019

Fleetの推移

海外拠点

世界各国の拠点およびオペレーションによる24時間切れ間ないサービスの提供

役員

S. Jairaj
Executive Director

機関士、Institute of Marine Engineers (イギリス)のメンバー。12年間機関士として乗船、チーフエンジニア。1984年にインド船級協会の機械図面承認部署検査官に就任。

1986年にEurasia(現: Bernhard Schulte Ship Management)に副監督(Assistant SI)として入社後、Fleetオペレーションのテクニカルマネジャーからサプライチェーン管理の責任者。、新造船およびHSQEマネジャーを経て、2006年には同社シンガポールオフィスの取締役Fleet管理者に就任。

2008年に、当社船舶管理部門の総責任者として入社。2010年から始まった当社の日本および中国での新造船建造によるFleet拡大およびFleet刷新計画を主導した。2019年に当社船舶管理部門の取締役および取締役会のメンバーに就任。

Capt. Rajiv Singhal
Managing Director

1983年から1998年にかけて船員として従事、Orient Ship Management(香港)とAcomarit Ship Management(英国)において大型原油タンカーおよびOBOの船長を歴任。

1999年にEurasia Ship Management 入社。2007年まで、船舶管理、海上保険、ポストチャータリング、コンサルティングサービスなど幅広い業務を経験。欧州およびアジア域内での同社事業拡大の責任者を歴任後、2007年にEurasia社が親会社Bernhatd Schulte社と合併した際に配乗サービス部門の取締役に就任。

2011年に船舶管理サービスの責任者として当社入社。2020年に当社専務取締役(Managing Director)就任。

Hariharan Sankaran
General Manager

1980年にDirectorate of Marine Engineering Trainingを卒業後、Shipping Corporation of India(SCI)にて船員としてタンカーおよびドライバルカーに乗船。1989年から1995年までチーフエンジニア。

1995年、インドのGarware Shippingに監督(SI)として入社した後、1999年に香港のUnivan Ship Managementにおいて監督(SI)として様々なタイプのタンカーやドライバルカーの管理業務を経験する。2003年に香港のEurasia Ship Managementに入社後、同社シンガポール事務所にてテクニカルマネージャー。2009年にインドのVarun Shippingにシニアジェネラルマネジャーとして入社、後にテクニカルバイスプレシデントに昇進。

2014年に当社シンガポール事務所に副責任者(Deputy General Manager)として入社、2020年9月に責任者(General Manager)に就任。

環境責任と社会的責任

私たちは、日々行う仕事の中で環境保護を最優先に考えます。全社一丸となって二酸化炭素排出量や廃棄物の減少へ向けた活動を行っております。

燃料消費および炭素排出量の削減

システム管理された航海を徹底し、天候に合わせた計推進システム装置を導入

大気排出

IMO 2020 – 低硫黄の燃料を厳選

IMO 2030 – IMOで決められたCO2エミッション削減ターゲットを確実に実行

造水装置

当社Fleet船に造水装置を搭載、年間ペットボトル約600,000本の水を節約。

重大事故ゼロ

当社は、すべての社員に対する適切な実地訓練、定期トレーニングおよび能力開発を通じて、重大事故ゼロ、油流出ゼロ、死亡事故ゼロ、カーゴクレーム事故ゼロを目指しています。

社会的責任

MTMグループでは、社員全員とその家族への福利厚生に尽力しています。全てのメンバーに公正で平等な機会を与えることで、当社は組織に細心の注意を払い促すことで、すべてのメンバーが最大限の能力を発揮することを手助けし、士気が高く社員と職場が深く結び付いた職場環境を築いています。

  • 海上社員に対し、陸上での雇用機会
  • 陸上社員の子供達への教育支援
  • 社員とその家族に高品質の健康保険完備
  • 当社は、2010年より船員の子供向けに高い教育水準を誇る私立学校International Language and Business Centerへの教育を支援しています。行っています。学費、教材費や交通費のすべてを支援し、これまで2000人以上の家族がこのプログラムを通じて卒業しています。

より良いブラウジング体験のためにChromeまたはMicrosoft Edgeを使用